SHEEN × onkul

SHEEN × onkul

世界に想いを馳せてみる 旅する24時間

#フィレンツェ
イタリアの伯父さんがお手本
自分にぴったりのレースアップシューズ

2016.12.15

ONKUL(伯父さん)ファッションのマストアイテムのひとつが、黒いレースアップシューズ。シューズボックスの中には、何足も出番を待つレースアップシューズがあるとうれしい。人から見たら同じように見えても、少しのシルエットの差や、ソールの厚さ、色味や革の風合いの違いなど、自分にとってはどれも全然違う一足。美しいシルエットのテーパードパンツにも、カジュアルなデニムやチノパンにも相性がいいけれど、デザインと気分でその日に合わせる一足を選ぶ。

上質なレザーシューズがほしいとき、お店で手に取るのはイタリア製のものということが多い。老舗タンナーが多く、革産業がさかんなイタリアには、上質なレザーアイテムが豊富だ。たとえばこの「Le Yucca’s」のレースアップシューズ。ブランド自体は2000年スタートの注目の人気ブランドだ。しかし、シューズはすべて1963年に創業された老舗の名門シューズブランド「ENZO BONAFE」で作られている。「ENZO BONAFE」はヨーロッパ各国のVIPやローマ法王も愛用しているのだとか。

レザーシューズを選ぶとき、決め手になるのはデザインだけではない。フィレンツェのおじさんのこだわりから学ぶ、“自分にぴったりのサイズ感”も大切にしたい。足の長さだけでなく、左右の幅や、甲の高さなどもきちんと合ったものを選ぼう。レザーによっては、はいていくうちに伸びるものもあるので、商品知識の豊富なスタッフに相談しながら選ぶのが安心だ。

そうやって選んだ、自分にぴったりの一足。朝、シューズボックスから取り出してみると、思わずうっとり、見とれてしまう。そんな東京の朝、8時。その頃、フィレンツェの一足は、深夜0時のバール、酔って陽気なおじさんの足元に。

レースアップシューズ ¥124,200(税込み)/Le Yucca’s(Lisette二子玉川店 03-3707-9130)

Latest Contents