SHEEN × onkul

SHEEN × onkul

世界に想いを馳せてみる 旅する24時間

#ニューヨーク
新しいチョコレートのスタイル
NY発の“Bean to Bar”

2017.02.09

コンビニで買うことができるチョコレート菓子でも、ショコラティエの高級チョコレートでもない、新しいチョコレートのスタイル“Bean to Bar”。これは、カカオ豆を農園や業者から仕入れて、チョコレートの形にするまで、製造のすべての工程(“Bean to Bar(豆からバーまで)”)を一社が行うスタイルのこと。日本でも注目されていて、いくつもの“Bean to Bar”スタイルのショップがオープンしている。

“Bean to Bar”の製造スタイルは、アメリカが発祥地のひとつ。一社で全工程を担当するので、もちろんコンビニ菓子のような大量生産ではない。一つのメーカーがこだわって選んだカカオ豆をローストし、砕いて、他の材料と合わせ、成形する(板チョコの形が主流)。メーカーが原料から製造過程まで熟知しているので、安心・安全な製品ともいえる。そして何よりの魅力は、カカオ豆本来の個性が楽しめる抜群の美味しさだ。

こちらのチョコレートは、ニューヨーク・ブルックリンにアトリエを構えるMAST BROTHERSのもの。マスト兄弟が2007年に立ち上げたチョコレートブランドで、そのチョコレートのクオリティは、著名なシェフがメニューに使用するほど。パッケージデザインにもこだわっている。Mast Brothers Chocolateのチョコレートは、味も含めて、ひとつのアートとして購入するような感覚だ。

仕事中、ふと手元の腕時計をのぞくと、ちょうど3時だったなら。グッドデザインなパッケージを開いて、“Bean to Bar”を味わうひとときを。グッドデザインなパッケージに気分が上がり、カカオ豆の作用で集中力が高まったら、午後の仕事もきっとはかどるはず。

チョコレート 各¥1,944(税込み)/MAST BROTHERS(ディーン&デルーカ 六本木 03-5413-3580)

Latest Contents