SHEEN × onkul

SHEEN × onkul

世界に想いを馳せてみる 旅する24時間

#ドバイ
優雅な気分のひとときは
アラビック食器とともに

2017.03.06

ドバイに住む日本人に人気のアイテムのひとつがアラビック食器だ。アラビックカリグラフィーが書かれたものや、幾何学模様が描かれたもの、ゴールドの縁取りがされたものなど、そのデザインはさまざま。コーヒーカップやティーカップ、大皿、小皿、小物入れなど、種類もバラエティ豊かだ。

アラブでのおもてなしには、コーヒーとデーツが欠かせないのだとか。コーヒーはアラブ独特のもので“アラビックコーヒー”と呼ばれる。浅煎りのコーヒー豆と、カルダモンなどのスパイスを一緒に煮出したもので、独特の香りが魅力だ。このコーヒーを出されたら、断ったり、飲み残したりするのはNG。コーヒーでもてなし、それを美味しくいただく、というのが友好の証なのだそう。紅茶とフレッシュミントを煮出した“アラビックティー”も美味。

毎日楽しむ定番のモーニングコーヒーやお茶は、お気に入りのマグカップで。でも、時には特別なブレイクタイムを設けてみよう。たとえば、アラビック食器のようなスペシャルな食器を使って。アラビック食器に淹れる飲みものも、もちろんその国に合わせて。ドバイに行ったことがなくても、本場のドリンクを飲んだことがなくても、今ではインターネットで調べればいくらでもレシピが出てくる。そんなスペシャルなお茶を飲みながら、行ったことのないドバイの小説や映画を楽しむ、なんていう過ごし方がおすすめだ。日本に居ながら、よりその小説や映画の世界に浸ることができるだろう。

そんなふうにお茶の時間を過ごす15時、ドバイでは朝の10時。最前線で活躍するビジネスマンたちが、今日最初のアラビックコーヒーで友好を確かめ合う頃だ。

Latest Contents