SHEEN × onkul

SHEEN × onkul

世界に想いを馳せてみる 旅する24時間

#メキシコシティ
メキシコ伝統のデコレーション
カラフルな“パペルピカド”

2017.03.13

これは“パペルピカド”という、メキシコの伝統的な切り絵の飾りもの。記念日やフィエスタ(お祭り)の日に飾られるものだ。インテリアのデコレートアイテムとして日本でも人気の“ガーランド”に似ているが、こちらはメキシコで昔から使われているもので、色やモチーフでそれぞれ意味を持っている。独立記念日にはメキシコの国旗に使われている赤、緑、白のもの。結婚式にはハートやケーキなどのモチーフになったものが飾られる。

中でも重要なのが、有名な“死者の日(メキシコのお盆)”に飾られるパペルピカド。ガイコツモチーフのものが多いのだが、死者が喜ぶように、カラフルな色彩のものが選ばれるのだそう。シックな色彩で静かにご先祖さまを迎える日本のお盆とは一線を画すのが興味深い。

このパペルピカド、もともとは中国の切り絵細工“剪紙”がメキシコに伝わりこのような形になったのだとか。薄い型紙の下にパペルチーナというクレープペーパーを40〜50枚重ね、たくさんのノミを使って切り出して作られる。細かい作業が求められる、職人の手仕事だ。

日本でも手に入れることができるので、インテリアに取り入れてみるのはいかがだろうか。ホームパーティの際、部屋の飾り付けで使用したら、部屋が楽しくにぎやかに彩られる。いつもと違う雰囲気の部屋に、ゲストは大よろこび。また、普段の部屋に飾っておいても、毎日がパーティ気分、気分が華やぐ。

15時間も時差のある遠い国・メキシコの人々の明るく楽観的な魅力を、自分の中にも持っていたい。パペルピカドのカラフルな色合いや美しい模様は、そんな気分にさせてくれる。

パペルピカド(連でセット)各¥270(税抜き)/旅する雑貨屋Hunt 042-505-6200

Latest Contents