SHEEN × onkul

SHEEN × onkul

世界に想いを馳せてみる 旅する24時間

#ヴィリニュス
暮らしになじむ風合いが魅力の
リトアニアリネン

2017.03.22

エストニア、ラトビアとともに、バルト三国の一つであるリトアニア。服やキッチンクロスなどの素材として人気のあるリネンの産地としても知られている。夏は暑く、冬は寒い、そんな寒暖差の激しい気候を持つリトアニアは、リネンの原料であるフラックス(亜麻)の栽培に適しているからだ。さらに、フラックスの繊維から糸を紡いで生地を織り、製品に仕立てる技術や経験が豊富なファクトリーが多いのだとか。

こちらの写真は、「フォグリネンワーク」のキッチンクロスとテーブルクロス。「フォグリネンワーク」のリネン製品はすべてリトアニア製。日本からのリクエストをもとに、提携しているリトアニアのファクトリーの人々がいきいきと、誇りを持って製品に仕上げているのだそう。そうして、「フォグリネンワーク」の店頭ではさまざまな色・柄のリネン製品が凛とした佇まいで並んでいる。

リネンは吸水性と速乾性に優れている。だから、お皿やグラス、お鍋など、洗い物の水分をしっかり吸い取ってくれ、それを掛けて乾かしておくと、数時間でからっと乾いてしまう。また、抗菌性も高いので、いつでも清潔を保つことができる。だから、キッチン&テーブルまわり、そして洋服にもぴったりの素材なのだ。

買ってすぐはぱりっとハリのある素材感でも、使い込むうちにくったりと柔らかくなっていくのも魅力。お気に入りのリネンアイテムを、着ながら、使いながら、じっくり育てていく。そんな風に長いお付き合いがしたい。

キッチンクロス 各¥1,242(税込み)、テーブルクロス(130×130cm)¥5,184(税込み)、ストレージバスケット¥2,592(税込み)/すべてフォグリネンワーク 03-5432-5610

Latest Contents