SHEEN × vikka

SHEEN × vikka

SHEEN
HOW TO LIVE ON 24 HOURS A DAY

1日の終わりに自分を振り返る心のゆとりを持つ

アーノルド・ベネット

2017.12.07

「内省的」という言葉がある。自分自身の内面を省みるさまのことだ。簡単なことのようで、自分自身のことについて振り返り、反省することほど、難しいことはないように思う。アーノルド・ベネット氏は著書『自分の時間』の中で、「いくら本を読んでも、やはり自分をしっかり見つめることは必要である」と、内省の習慣の大切さを述べている。人間は理性的な生き物だけれど、実際は理性よりも先に本能に従ってしまうもの。深く自分を振り返る時間が少なくなればなるほど、ますます理性的ではなくなってしまう。

慌ただしく1日を過ごしていると、つい目の前のことで頭がいっぱいになり、大切なことをおざなりにしてしまうことがある。例えば、忙しさに感けて、友人からの手紙の返信が遅くなってしまったり、家族との時間を取れなかったり、誰しもそんな経験はないだろうか。

自分の見つめ直し方に、手帳や日記をつけてみることをおすすめしたい。通勤時や寝る前など、スキマ時間に数行、その日に思ったことや行動したことを書き出してみて欲しい。頭の中で振り返っても良いけれど、書くという行為は脳を刺激し、より思考が整理され、明日からやるべきことや、今後やりたいことが見えてくる。毎日コツコツと書き溜めた手帳や日記は、数年後読み返してその頃の自分を振り返ることもでき、いつの間にか自分の人生の一冊が出来上がる。ちょっとの時間で、自分を形成するかけがえのないひとときを。

ニット¥19,800/Le Tricoteur(ビショップ)、ピアス¥5,500/rapiecage(ナンバー代官山店)

着用モデル:SHS-4502PGL-7AJF

Latest Contents