SHEEN × onkul

SHEEN × onkul

ベーシックは手元から
SHEENと偏愛クローゼット

#SHEEN×キャンバスのトートバッグ

2017.09.21

“いい女はバッグが小さい”なんて巷で言われているけれど、そうとは限らない。キャンバス地の大きなトートバッグを持って、颯爽と歩く大人の女性に見とれることがある。そのトートバッグが荷物でパンパンだったりしたら、中に何が入っているのだろう、と想像してみる。がんばっているお仕事の資料が入っているかもしれないし、何かおもしろい趣味の道具が入っているかもしれない。俄然、その持ち主の女性に興味が湧いてくる。

キャンバス地のトートバッグを選ぶとき、カラーはブラックやホワイト、ベージュ、ネイビーなどベーシックカラーのものを1つ目に。そしてそれがくったりと自分に馴染んできたころ、レッドやイエローなど差し色になるものを2つ目に手に入れたい。キャンバス地のトートバッグはレザーのバッグと同じで、使えば使うほど味が出て、自分ならではの経年変化がうれしいアイテム。さらにキャンバス地のバッグは、自宅でがしがし洗うことができるのが、普段使いしたい理由だ。長年愛用して隅に破れができたら、それすらもかっこいい。早くクタクタにしたくて、何度も洗濯機にかけてみたりして。

大きなキャンバストートを持っていると、出かけるときに無理して荷物を減らさなくてもいいし、外出先で思いがけず荷物が増えても大丈夫。そんな安心感をいつも持っていられることが、余裕のある1日を作るのではないだろうか。だからむしろ、“いい女はバッグが大きい”と声を大にして言いたいくらいだ。

そんな働きもののキャンバストートバッグを持つ手元には、女性らしさをきらり。文字板にスワロフスキー®・クリスタルが散りばめられた時計をさりげなく輝かせて。ローマ数字や、ステンレスのバンドのクラシックな雰囲気は、ベーシックな装いや小物にマッチ。ソーラー充電システムや5気圧防水の機能は、トートバッグのタフなイメージとリンクする。

トートバッグ¥16,000、ボーダーカットソー¥15,000/ともにARMEN、コート¥56,000/Modele Particulier ARMEN(すべてビューカリック&フロリック 03-5794-3553)

着用モデル:SHS-4500SG-7AJF

Latest Contents