SHEEN × vikka

SHEEN × vikka

ベーシックは手元から
SHEENと偏愛クローゼット

#SHEEN×スカーフ

2017.05.18

16世紀頃のヨーロッパの貴婦人や紳士貴族から現代まで、おしゃれを楽しむ人々の必須アイテムとして長く愛され続けるスカーフ。オードリー・ヘップバーン、グレース・ケリーなどの往年の女優の装いや、おしゃれ上手なパリジェンヌたちのスカーフルックは、私たちを魅了してやまない憧れのスタイル。シンプルな装いに品と程よい華やかさを与えてくれる手軽さも、魅力のひとつ。

腕時計も、スカーフと同じく装身具として楽しまれてきた歴史がある。スカーフが顔まわりを華やかに演出するように、写真のピンクゴールドとシルバーのバイカラーの腕時計は、女性らしさを一層引き立ててくれる。さりげない品格を与えてくれるこのふたつは、シンプルになりがちな普段の装いにこそ欠かせない、大切なアイテム。まるで絵画のように、柄とサイズのバリエーションが豊富なスカーフは、自分に似合う一枚を探したり、装いに合わせて巻き方や用途を考えたりするのも楽しい。

夏の軽快な装いに合わせるのなら、バンダナ柄のスカーフがトライしやすい。カジュアルな柄ながら光沢のあるシルク素材なので、ラフになりすぎることなく、Tシャツやシンプルなカットソーにマッチする。愛らしい小さなフェイスにさりげなくスワロフスキー®・クリスタルがきらめくこの時計は、オンタイムはもちろん、リラックスした休日のスタイルにもしっくりと馴染む。アクセサリーをつけない日でもこのふたつがあれば、軽装が多くなる夏も、自信を持って出かけられる。

ニット¥19,000/ESSEN.LAUTREAMONT(ジャヴァコーポレーション)、首に巻いたスカーフ¥7,800/manipuri(フラッパーズ)

着用モデル:SHW-1750SG-9AJF

Latest Contents