SHEEN × onkul

SHEEN × onkul

明日を輝かせるひととき“21のヒント”

ヒント14
眠りに落ちるまでの30分間

2016.8.9

1日の活動を終え、お風呂で体も心もすっきりさせたら、最後は体と心をゆったりと休ませる時間。ベッドに入り眠りに落ちるまでの30分間の過ごし方次第で、良質な睡眠を取れるかが決まる。

ベッドリネンはとても大切。季節によって素材を変えてみよう。今の季節だったら麻、肌寒くなってきたら表面が少し起毛したコットンが心地よい。枕も自分にあったものを思い切ってオーダーしてみるのもいいかもしれない。だって人生の3分の1の時間は眠っているのだから。

香りでリラックス効果を高めるのもおすすめだ。アロマキャンドルや、アロマオイル、アロマミストで、ベッドルームを好みの香りで満たそう。ピローミストを枕にふっておくと、睡眠中に枕に顔を埋めたときにも幸せな気分。大好きな香水を自分だけのために少し耳の後ろにつけておくのも大人ならではの贅沢といえるだろう。

なかなか寝つけない人は、ベッドに入る前にとっておきのドリンクを1杯。カフェインが入っていないものをいただこう。ホットミルクは、トリプトファンという眠りを誘う成分が含まれていて、眠りに直接作用してくれる。ハーブティーは、神経を沈めてくれるカモミール、興奮を沈めるラベンダーがおすすめ。カップから漂うよい香りをうっとり楽しみながら、リラックス。ホットココアも、自律神経を整えるテオブロミンという成分がリラックス効果をもたらしてくれる。

そして、何よりもの快眠の秘訣は、眠る前にその日1日にあったいいこと、うれしかったことばかりを思い出すこと。楽しい夢が見られるように。そして、明日の朝は幸せな気分で目覚めることができるように。眠る前のベッドルームは、自分の好きなもの・こと、そしてポジティブでいっぱいにしよう。

Latest Contents