Skip to Content

SHEEN

VOL.1インテリアコーディネーター直伝シンプルな暮らしをつくるインテリア術

シンプルに心地よく、毎日を楽しむ。
そんなふうに生きるには、自分らしいアイテムも取り入れて、落ち着ける空間で暮らすことも大事かもしれません。

シンプルながらおしゃれな玄関や、外出前の朝のひととき、木村さんがくつろいでいたリビングルーム。
絶妙なバランスで家具や小物が配置されたセンスのいいインテリアは、どうしたらつくれるのでしょうか?
インテリアコーディネーターの横井さんに伺ってみました。

お部屋の雑貨やワードローブをシンプル にディスプレイするには、色のテーマを決めて、 その色にあったものを置くのがポイント。

お部屋の雑貨やワードローブをシンプル にディスプレイするには、色のテーマを決めて、 その色にあったものを置くのがポイント。 たとえば、今回のムービーのお部屋は 少しくすんだパステルカラーで統一しています。

エスニックなテイストや、古いものを取り入れつつ量販店で売っているものも賢く活用したり、
自分の好きな物をうまくミックスして、暮らしを楽しむ。
無理してモノを減らしたり、同じブランドで揃えたりしなくても、色のトーンを同じにすることで、
おしゃれでスッキリしたお部屋に見せることができるんです。

また、特にカーテンやテーブルなどの大きなものは、生地や素材にこだわると、お部屋の雰囲気に差が出ます。
このお部屋のカーテンも、国産のいい生地を選びました。
少しお値段は張りますが、長く使うものは質のいいものを選びたいですよね。

2016  Autumn & Winter 木村文乃さん スペシャルインタビュー