SHEEN × FUDGE

SHEEN × FUDGE

《SHEEN》とはじめるあたらしい私

お菓子作りはじめました。

2018.04.26

日々の食事は忙しくても作るのに、何年も“手作り”する機会がなかったお菓子。小さな頃でも作れたはずなのに、いつから作らなくなっていたのか。心のどこかで“お菓子作りは時間がかかる”という思いが強くなっていたのかもしれない。確かにお菓子って、どんなに簡単なレシピでも“計量”が欠かせない。なんとなくでは上手に作れないし、“レシピ通り”に作るのも大変そう。そんな思いもあって、“お菓子作り=特別な日だけ”という風に、いつの間にか遠い存在になってしまっていた。

一人で過ごす休日、ふと「お菓子を作ろう」と思い立ち、家にある材料だけでできるクッキーを作ってみた。小さな頃は実験のように大変に感じたひとつひとつの行程も、意外とスムーズにできて、時が流れているのを感じた。焼き上がりを待つ間にゆっくりとコーヒーを淹れ、クッキーの焼ける香りとコーヒーの香りを一緒に楽しむ。大人になったからこそ感じられる甘くてほろ苦い贅沢な時間。素朴な味のクッキーは、今の自分を後押ししてくれるような優しい味がした。

ひとくちで笑顔になる手作りお菓子。作っている時間も愛おしいと思えることに気づいただけで、ちょっと得した気分だ。次の週末はもっと材料を買い足して、カフェみたいなワッフルに挑戦しよう。子供の頃のようなワクワク感がお菓子作りと一緒にやってきた。

ブラウス¥3990/studio CLIP(アダストリア)、その他/スタイリスト私物

Latest Contents