SHEEN × onkul

SHEEN × onkul

《SHEEN》とはじめるあたらしい私

チェック、はじめました。

2018.05.17

無地と、ボーダー、ときどきギンガム。ベーシックなファッションを好む人のワードローブを開けば、きっとそんな風景が見えるかもしれない。もう気分がころころと変わるティーンエイジャーではない。たくさんの、いろいろな服を着て、失敗して、また挑戦して、失敗して……そんなことを繰り返しながら年月を重ね、“大人”と呼ばれる年齢になると、だんだんと自分に似合うものがわかってくる。好きなものはそんなに変わらない。

だけど、新緑のまぶしいこの季節、少しだけ自分をアップデートしてみたい。それは、とてもささやかなことでいい。たとえば、新しい柄のシャツに袖を通すこと。黒×白のギンガムチェックや、グリーンのタータンチェックなど、ベーシックなチェックのかわりに、色使いが新鮮なチェックを選ぶ。そうすると、ヘアも、メイクも、いつもと違うものに挑戦したくなる。

時計だってそうだ。パステルピンクとネイビー、2色の革バンドがついた時計は、シャツに合わせてネイビーの革バンドのものを選ぶ。シックなカラーと、文字板で輝くクリスタルが、アクセサリー代わり。

そうして、ふと鏡をのぞきこんだなら。いつもとほんの少し違う私がそこにいる。“イメチェン”なんて大それたことをするのは気恥ずかしいけれど、こんなささやかな新しさが、自分の世界を広げていく。

シャツ/unfil(アンフィル03-5775-3383)、パンツ/LE GLAZIK(ビショップ03-5775-3266)、ベルト/MASTER&Co.(マッハ55リミテッド03-5413-5530)、ハンカチ/アバヌ03-3375-3130、その他/スタイリスト私物

Latest Contents