SHEEN × FUDG

SHEEN × FUDG

《SHEEN》とはじめるあたらしい私

赤リップはじめました。

2018.03.15

大人になるにつれて、女性らしさのある人に憧れるようになった気がする。女性らしさと言っても、ドレッシーな着こなしだったり、色っぽさとはまた違う。さりげなく、そして上品な女性らしさに惹かれてしまうのだ。

例えば、女性らしさの象徴のひとつである赤いリップ。赤って少し勇気のいる色でもあるれど、さらりと取り入れられたら大人の女性として認められるような気がする。

赤いリップを引く日は、あえてシンプルな着こなしを選ぶのがいい。例えば永遠のファッションアイコンであるジェーン・バーキンも、Tシャツにデニムというシンプルな着こなしに赤いリップを合わせていた。着飾らないカジュアルさこそ、そこにのぞく女性らしさを際立たせてくれるのだ。

毎日を共にする腕時計もまた、さりげなく女性らしさの薫るものを身につけたい。シンプルな佇まいに一粒キラリと光る、スワロフスキー®・クリスタル。主張しすぎない控えめな華やかさが、そっと上品さを添えて私に自信をくれるのだ。

“憧れ”は決して見た目だけのものではない。でもまずは外見から意識することで、不思議と内面まで思い描く自分に近づける気がする。今日も赤いリップとお気に入りの腕時計を身につけて、背筋を伸ばして出かけよう。

ニット¥10000/liflattieships(リフラティシップスたまプラーザテラス店)

Latest Contents