SHEEN × FUDG

SHEEN × FUDG

《SHEEN》とはじめるあたらしい私

ヒール靴はじめました。

2018.03.30

ヒール靴はずっと、“女性らしさのシンボル”であり、なんだか遠い存在でもあった。ファッションに目覚めて、カジュアルなスタイルが好きになると、靴の趣味も女性らしいものではなくどこかボーイッシュなものを好きになっていく。まずは挑戦しやすいスニーカーにはまり、その後ちょっと大人なレースアップシューズを好きになる、という風に。自分のコーディネートに合う靴=男性的というバランスがしっくり身にしみてくるからだ。でも心のどこかでは自分の中の“女性らしさ”を忘れたくないと感じていて、どこかでそれを表現したいとも思っていた。もしかしたらそれは、女性として生まれた性なのかもしれない。

イタリアのことわざで“その人が履いている靴は、その人の人格そのものを表すものである”という言葉がある。カジュアルな服にヒール靴をはじめて合わせたとき、『無理なく自分らしくいられるのに、大人の女性らしさも表現できるバランス』に出会えた気がした。今の私にしっくりくるバランス、それが女性的なヒール靴に詰まっている。もちろん今も、スニーカーやレザーシューズは私の一部のように大好きだ。でも、少しだけ昨日よりエレガントになれた、ヒール靴を履いた私もまた、これからの私の一部になっていくのかもしれない。

カットソー/ORCIVAL、パンツ/GYMPHLEX、バッグ/MINI(すべてビショップ)、その他すべてスタイリスト私物

Latest Contents